シュ色



最近、関心を持ってる…「福沢諭吉氏」

下記は、ネットからコピーさせていただきました。

明治の偉人として福沢諭吉という人がいましたね。福沢諭吉が書いた有名な本に、「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という「学問すすめ」があります。この本の中に「心訓」というすばらしい言葉があります。この中に、皆さんの心をうつ言葉があればすばらしいと思います。

ア 世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯貫く(つらぬく)仕事を持つことです。
イ 世の中で一番みじめ(惨め)なことは、人間として教養のないことです。
ウ 世の中で一番寂しいことは、する仕事のないことです。
エ 世の中で一番みにくいことは、人の生活をうらやむことです。
オ 世の中で一番尊いことは、人のために奉仕し、決して恩にきせないことです。
カ 世の中で一番美しいことは、すべてのものに愛情を持つことです。
キ 世の中で一番悲しいことは、嘘をつくことです。

(学問のすすめ「心訓」より)

福沢諭吉は西洋で自由と平等を学んだ。
日本の封建主義的身分差別を嫌悪していた諭吉は、この平等思想に新鮮な感動を覚えた。人間は生まれながらに平等であるという信念を持つにいたる。しかし現実ははなはだ不平等である。この差は何か。学んだか学ばなかったかで決まる。諭吉の教育への情熱は、この平等と不平等の差を埋め合わせることに傾けられた。

福沢諭吉の好きな言葉は「独立自尊」であった。
独立の気力のない者は必ず人に依頼する。人に依頼する者は必ず人を恐れる。人を恐れるものは必ず人にへつらう。そして人にへつらうことによって、時に悪事をなすことになる。独立心の欠如が結果として、不自由と不平等を生み出す。学ぶことの目的は、まずは独立心の涵養である。諭吉はこう考えていたのである。

諭吉の平等主義は、単に人と人との関係においてとどまらない。
国と国との関係においても、同様に支配、被支配のない平等の関係を考えていた。その前提が独立であることは言うまでもない。人には独立心が必要であると同様に、国家は独立が存在の前提である。このことの意義を諭吉は慶応義塾において、若者たちに火のように説き続けたのである。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P11より

     非常に有名な言葉です。ただし、福沢諭吉が言いたかったのは、みんなが平等、ということではありません。

     平等なはずなのに、貧富の差があるのはなぜか?それは、学問をしているか、していないか、その差がそのまま貧富の差になっているからだ。だから、学問をしなさい、というのが、彼の主張です。それゆえ、タイトルが『学問のすすめ』なのです(^^)。

「人は生まれながらにして貴賤貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P12より

     言葉としては、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」だけ、広まってしまっています。でも、福沢諭吉が言いたかったのは、「ただ学問を勤めて」いるかどうかだけがポイントだから、学問してほしい、ということです。そうじゃないと、本の題名と合いませんよね(^^;)。

「独立の気力なき者は必ず人に依頼す、 人に依頼する者は必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P32より

    『学問のすすめ』の主張は、2つあります。1つは、学問をすすめるということ。そしてもう1つは、“独立”ということです。この本は、明治時代前半の大ベストセラーですが、欧米に対抗意識を持っていた時代だからこそ、“一身独立、一国独立”というキーワードが人心をつかんだようです。

 「愛国の意あらん者は、官私を問わず先ず自己の独立をはかり、余力あらば他人の独立を助け成すべし」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P32より

     まず、自分が独立する。そのうえで、他の人の独立をサポートする。そのようにして、日本全体を独立させていくのだ、というのが福沢諭吉の主張です。だからこそ、彼は国立ではない私立の大学を作り、他の人の独立と国の独立をサポートすべく、自らその手本を国民に示したのでしょうね…(^^;)。

「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P49より

     進んでいるか、退いているか、そのどちらかしかない。分かりやすくて、進むしかない、と思える言葉です(^^)。

「見込みあればこれを試みざるべからず。未だ試みずして先ずその成否を疑う者は、これを勇者というべからず」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P44より

     とにかくやってみる。やる前から、あれこれ言わない。偉人といわれる人には、必ず行動が伴っていますが、福沢諭吉もまた、行動する信念を持っていたようですネ(^^)。

「読書は学問の術なり、学問は事をなすの術なり」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P52より

     この言葉を逆に考えると、事をなすには、読書をすることが必須の条件となります。やっぱり、読書は大事ですね(^^)(自分が読書を好きなだけですが…)。

「学問に入らば大いに学問すべし。農たらば大農となれ、商たらば大商となれ」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P97より

     やるからには、大いにやる。二度とない人生ですから、そんな生き方を選んでいきたいな…と思います(^^)。

「学問の本趣意は読書のみにあらずして精神の働きに在り」
   出典:『学問のすすめ』、福沢諭吉、岩波書店、P107より

     「精神の働き」。やはり、そこに行きつくのか…と、しみじみ感じます。モチベーションを上げ、精神の高揚をはかる。そういった心の成長・働きにつながることが、学問で最も大事なことのようです(^^)。
[PR]
by syu_iro | 2005-08-03 12:47
<< 「死の壁」 考えてみよう!「その2 日本が... >>


私が撮った写真など
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
よこそう!
最新のトラックバック
こんにちわぁ!!
from めぐみです!!
おでこりんなお姉さん♪
from 未だ不発のお姉さん
ブログ始めたんですね。
from さっき知りました!!
おもしろいもの発見
from メリーくり
セクシーを追求するお姉さん
from お姉さんどう?
うぅ・・・どうしよう・・・
from ブログ閉鎖しようと思っています。
セクシー路線でいってみたw
from 気持ちいい場所
女ガードマンの日記
from ガードマンやっています。
みかと付き合う気はあるん..
from 真奈美
私女の子なんですけど。。
from 私にそんなこと言わせるの?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧